外壁下地補修

築年数の経った建物の壁や窓のまわりには、ひび割れや外壁の一部が剥がれ落ちるといった症状が見られるようになります。

こうした症状は、長年の建物自体の動きや伸縮に外壁が耐えられなくなったことにより起こることが大半ですが、中には手抜き工事による欠陥が原因で起こることもあります。

ひび割れや剥がれといった症状をそのままにしていることで、そこから雨水が浸入し、建物の躯体部分を腐らせることがあります。
こうした事態にならないよう、ひび割れや外壁材の剥がれ、塗装のツヤの喪失、壁の浮きといった症状を見つけた際は、補修工事の時期に来ていますので早めにご相談ください。

外壁下地補修の流れ

必要に応じて足場組み立て

現状調査

欠陥部分に応じた工法の選定

下地処理

補修工事

仕上げ

防水工事、雨漏りのことなら共栄商会
【TEL】06-6105-5757
【所在地】大阪府大阪市東成区神路1丁目1-14-202
【メール】 お問い合わせ≫
【対応エリア】大阪市を中心とした関西一円

一覧ページに戻る